2014年03月15日

『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』 ジェフ・ワドロウ監督



前作がめちゃくちゃおもしろかったから、前作の7割ほども面白ければ良しとしよう、と期待値低めに設定したつもりだったけど、そこまでいかなかったかな。5割くらいか。

でもまあ良しとしよう。なかなか楽しかった。

アクションシーンの切れはないし、「そんなミンディは見たくなかった」というようなミンディを見せられてしまうし、期待のマザー・ロシアもあっけないし、文句言おうと思えばいろいろあるけど、まあ別にいいや、と思わせてしまうゆるさがある。

ヒットガールは十分かっこよかったし、ほかのヒーローやヴィランもおかしかった。
ゆるキャラブームと通底するのかどうかわからないけど、なんかほのぼのした中にも不健全な匂いがして、その中に過激な暴力が噴出するっていう、なかなか捨てがたい雰囲気があった。

町山智浩氏によれば、ヒット・ガールのエピソードはほとんどクロエ・モレッツが考えたものだとか。
http://www.excite.co.jp/News/world_ent/20140124/Aol_celebrity_kickass2.html
女の子の気持ちを描きたかったのはわかるけど、でもヒットガールでそれをやらなくてもいいだろうに。
学校内カーストに悩むヒット・ガールなんて見たくなかった。
女の子の気持ち描くなら、やっぱりキック・アスと共に行動して、つかず離れずの微妙な関係を描いてほしかった気がする。

やっぱりビッグ・ダディは偉大だったな。いなくなって、映画の大黒柱を失ってしまった感じ。
敵方もマザー・ファッカーが大ボスでいいのか?
子供たちが無目的に騒いでるような、締まりのなさがどうもな。
やっぱりヒット・ガール始め子供たちのが葛藤や成長がうまく描けてないのが一番の弱点か。



前作にはぶっ飛んだ。


マーク・ミラー (著), ジョン・ロミータJr. (画)
原作のコミックはもっと重い。
感想 

原作の続編も二冊訳出される。


『ヒット・ガール』
マーク・ミラー (著), ジョン・ロミータJr. (画)


『キック・アス2』
マーク・ミラー (著), ジョン・ロミータJr. (画)

posted by 読書家 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391537208

この記事へのトラックバック

キック・アス ジャスティス・フォーエバー
Excerpt: なりきりヒーロー“キック・アス”ことデイヴは、卒業を前に本物のスーパーヒーローになろうと決意する。 彼は最強の暗殺者“ヒット・ガール”ことミンディと一緒にトレーニングに励むことに。 一方、キック・アス..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2014-03-15 20:49

キック・アス ジャスティス・フォーエバー : キック・アス、YOU最高だぜ!!
Excerpt:  森喜朗元首相、相変わらずお口がダメダメですなぁ。「英語は敵国語」発言に続き、真央ちゃんに対する無神経発言。誰がこんな人を、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2014-03-15 21:25

「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」 スーパーヒーローの覚悟
Excerpt: 前作「キック・アス」は、今はもうない渋谷シネセゾンで上映していたマイナーな映画で
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2014-03-16 22:16

「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」
Excerpt: 言わずと知れた名作「キック・アス」の続編である。B級にも関わらず、ごっつ名作だった「キック・アス」。アメコミの馬鹿馬鹿しさと童貞男子の切なさとヒット・ガールの可愛さに、メロメロになったものだ。口コミが..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2014-05-29 12:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。