2014年01月05日

『ブラックライダー』 東山彰良/著



『ブラックライダー』
東山彰良/著 新潮社

SF評論家の大森望さんが絶賛していたので読んでみた。
確かにおもしろかった。

6.16と呼ばれる大破壊の後、寒冷化して食糧不足に陥った未来の地球。
人の遺伝子を埋め込んだ牛が家畜として飼育されているが、人が人を食う習慣も残っている。
アメリカ西部劇の形を借りた、黙示録的な愛と暴力の物語。

第一部は正直いまいちだったけど、第二部のメキシコに救世主が出現するあたりからぐっと密度が濃くなる。
ラテンアメリカ文学の家族史ものを読んでいるかのような濃厚な物語。
余韻を引くラストまで一気に読んだ。

東山氏によるとコーマック・マッカーシー『ザ・ロード』に触発されたそうだ。

放射能との向き合い方とか、ああ、そういう価値の転換が必要な世界が来ているのかも、と現代に突きつけてくるところもあった。
三島由紀夫の「美しい星」っぽいのかな? 読んでないけど。

6.16と呼ばれる破滅が何を指すのかははっきり示されないが、きっとヨハネ黙示録の章番号を指しているに違いない、と思って前後を見てみると、

6:12小羊が第六の封印を解いた時、わたしが見ていると、大地震が起って、太陽は毛織の荒布のように黒くなり、月は全面、血のようになり、 6:13天の星は、いちじくのまだ青い実が大風に揺られて振り落されるように、地に落ちた。 6:14天は巻物が巻かれるように消えていき、すべての山と島とはその場所から移されてしまった。 6:15地の王たち、高官、千卒長、富める者、勇者、奴隷、自由人らはみな、ほら穴や山の岩かげに、身をかくした。 6:16そして、山と岩とにむかって言った、「さあ、われわれをおおって、御座にいますかたの御顔と小羊の怒りとから、かくまってくれ。 6:17御怒りの大いなる日が、すでにきたのだ。だれが、その前に立つことができようか」。

うーん、6章ってのはあってそうだけど、16節は中途半端かな。


『ザ・ロード』 コーマック・マッカーシー 著


『悪の法則』 コーマック・マッカーシー 著
映画版もよかったけど、せりふを味わうならこの脚本を読もう。

posted by 読書家 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | SF,ファンタジーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/384426681

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。