2015年10月10日

『かわいい闇』 マリー・ポムピュイ他 作 ケラスコエット 画




『かわいい闇』
マリー・ポムピュイ 作
ファビアン・ヴェルマン 作
ケラスコエット 画
原 正人 訳

内容
子どもたちの無邪気な暴力と、悲惨な運命……かわいい絵とは裏腹の、恐ろしくも陰謀うずまくドラマに虜になり、あなたの眼は離れられなくなる。少女の身体に宿る、かわいい闇の物語。
(河出書房新社のサイトより)
 http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309274904/


これは傑作。とってもおもしろかった。
童画のようなかわいらしい絵柄で描かれる、小人たちの残酷でシュールな物語。

絵はずっと眺めていたいくらいほんとにかわいいのだけど、内容はほんとにグロくて怖い。
そのギャップがたまらない魅力です。
季節の移ろいが美しい色彩で描かれ、その中心には九相図みたいに腐っていく少女の遺体。

少女と男の関係とか、謎も多い。
私が気になったのは、死んだ少女と主人公の小人の名前が同じらしいのはどんな意味があるのかな、とか。
作者はあえて曖昧なままにしているらしく、いろいろと想像を誘われる。

ちょっと残念に感じたのは、スクールカーストとか普通の嫌な人間関係の話みたいになっちゃったことかな。
途中までは、ほんとに妖精がいたらこんな感じかなあとか思いながら読んでただけに・・・。

でも傑作と思います。
日本語に訳されたバンド・デシネの中でもいちばん日本人に受け入れられやすいものの一つじゃないかって気がする。

ちなみに作画のケラスコエット(Kerascoët)というのは、マリー・ポムピュイとセバスチャン・コセの作画ユニットだそうです。
画像は原題の Jolies Ténèbres で検索するといろいろ出てきます。

北九州市漫画ミュージアムで、ケラスコエットの特別ワークショップがあるそうですよ。
http://www.institutfrancais.jp/kyushu/events-manager/kerascoet/
posted by 読書家 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画、画集など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。