2013年02月10日

〈氷と炎の歌〉第4部『乱鴉の饗宴』 ジョージ R R マーティン著


海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」がついに放映開始!
http://www.star-ch.jp/gameofthrones/

スターチャンネルだから我が家では見られないんだけど、無料放送の1,2回目を見た。
これはかなり期待できそう。テレビでここまで重厚なファンタジーを作れるのか(と今さら驚くことではないが)。
スター・チャンネルに加盟している方には私の分まで楽しんでいただきたい。

ただ戦闘場面はどこまで描けるのかな。同じHBO制作のドラマだと歴史物の「ROME」がすごくおもしろかったけど、合戦シーンはちょっとごまかしてた。
あと気になったのは、少年少女たちが概して年齢より年上に見えること。性的なシーンも多いからあまり低年齢の俳優にはやらせられなかったのかな。
でも不満を感じるほどのイメージの齟齬は無かった。ティリオンが意外と男前で、小さいこと以外は小鬼(インプ)っぽくないのがちょっとだけ残念。


登場人物名・用語を酒井昭伸氏の訳語に統一した改訂新版『七王国の玉座』(全2巻)
5分冊にしなくてもちゃんと納まるんじゃないか。表紙絵はもっと重厚なものにしてほしかったけど、ハヤカワ文庫でマンガ絵でなかっただけでもましと思うべきか。

ジョージ R R マーティンによる原作小説《氷と炎の歌》は現在進行形のファンタジーシリーズでは一番おもしろいと思う。私の知る限りでは。
ただ、物語が動き出すと怒濤の面白さなんだけど、そこに至るまでが結構長い。
食べ物の種類やら紋章の図柄やら、そんな描写が必要なのか、と思うほど細々と書き込まれている。異世界を隅々まで書き尽くそうとする意図なのかとも思うけど、単にアメリカの最近のベストセラーの悪癖を踏襲してるだけのような気もする。人の名前をやっと覚えたと思ったらあっけなく死んでしまうこともしばしばだ。
ドラマだとその辺一目瞭然で表現できるから、娯楽抜粋版のような感じになるかもしれない。
あと、私の望まざる方向に物語りが向かってるように見えるのはちょっと気がかりだ。壁の北側の話っていまひとつ興味もてないんだよな。七王国の権謀術数は実に緻密でリアルでめちゃくちゃ面白いんだけど、野生人とか偉業人の話ってなんか別の小説みたいだ。なにかSF的な大仕掛けでもあるのかな。

5巻目『A Dance with Dragons』の翻訳はこの夏に刊行予定。

ハヤカワ・オンラインの《氷と炎の歌》サイト
http://www.hayakawa-online.co.jp/SOIAF/index.html

原作の感想をこのブログに載せていたような気がしてたけど、載せてなかった。第4部『乱鴉の饗宴』の感想を書きかけたけど途中でやめちゃったんだった。
せっかくだから書きかけの感想を以下にそのまま載せる。もう記憶が薄れてしまっているので今更書き加えられない。
ネタバレ気味かも。


第4部『乱鴉の饗宴』の感想
「氷と炎の歌」、現在のところ最新作。今もっとも楽しみにしてるシリーズなんだけど、うーん、今回はそんなに面白くなかった。期待が最高に高まってたからなあ。
一番好きな登場人物(ティリオン)が出てこないのが寂しかった。次巻に持ち越しだそうな。
サーセイの陰謀劇は面白いけど、読んでてあまり楽しくないなあ。
ブリエンヌ改めブライエニーは好きだけど、探索の旅が延々と続くんでちょっと退屈。「道中いろいろあった」ですませちゃだめなのかなあと思わないでもなかった。
もちろんマーティンのことだから、あとであっと驚くような巧妙な伏線が張られてたりするんじゃないかと思うけど。
ドーンの話が一番面白かった。
でも、章ごとに特定の視点人物を通して物語を語るっていう手法が今回は崩れてて、一度かぎりの視点人物が何人もいた。これだけスケールが大きくなるとやむを得ないとは思うけど、当初の構想が破綻してきているって兆候じゃないといいがなあ。

リトル・フィンガーが言う三人のクイーンて誰のことだろう。サンサ、マージェリー、ミアセラかな。デナーリスやアシャの動きまではさすがに操れないと思うけど。
サンサの結婚話は、この時点で計画が明かされるってことは実現しないんじゃないかな、小説テクニック上のことだけど。
ロバート公がなかなかがんばってるので、彼がリトル・フィンガーの野望の意外な障害になるかも。まあ、あっけなく死んじゃう可能性もたかそうだが。
サーセイの予言に出てくるヴァロンクァーって、弟って意味だそうだけど、この言葉だけヴァリリア語なのはなんでだろう。ほかに意味があるんじゃないかな。ティリオンと思わせて実はジェイミー、と思わせて実は……なんだろう。まあ、どう予想しようが、それ以上の驚きを用意してくれるだろう。
訳者がこの巻から交代してる。人名や組織名等が大幅に変わってて驚いた。変えるのはいいけど、新旧対照表とかつけてほしかった。
posted by 読書家 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | SF,ファンタジーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。